営業代行HOWTO

最近ではさまざまな営業代行会社が登場してきているため、どのようなところがあるのかについて知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。まず、営業代行とは、企業の営業部門の一部または全部を外部に代行させることであり、専門の会社にアポ取りや訪問、契約、アフターサービスなどといったことを任せることになります。営業アウトソーシングやセールスアウトソーシング、営業支援、営業外注などと言われることもあるのですが、近年では企業の分業化が進んだことにより、顧客窓口である営業もアウトソーシング(外部委託)の対象として根付いてきています。

営業代行のメリットとしては、採用活動が必要ないということが挙げられます。営業機能または特定のプロセスを専門の会社に委託するため、その業務に伴う採用活動や面接などを行う必要がなく、求人広告出稿作業や面接、入社手続きなどにかかるコストと時間を削減することができます。また、わざわざセールスパーソンを教育・育成する必要がないということや、ある程度の経験やスキルを取得している人がアサインされるという前提になっているため、研修要員や研修時間などの教育コストを削減できるということも大きな特徴です。

さらに、一定期間の有期対策として繁忙期のみこれを活用するということもできるため、長期雇用リスクがないという魅力もあるのですが、人件費の変動が可能であることはもちろん、福利厚生費なども削減できるということです。これは自社で直接雇用するわけではないため、専門の会社からアテンドされたセールスパーソンが適格ではないと判断した場合、その理由が契約に反していなければセールスパーソンの入れ替えを要請することができます。自社で直接雇用とは異なり採用費などは発生しませんし、事前に人材のミスマッチを防げるということです。

他にもノウハウがない企業にとっては、さまざまなセールスノウハウや情報などが享受できるということもメリットになりますし、場合によっては営業代行会社の過去事例や独自の統計資料が活用できることもあるため、自社では解決できない課題も解決できる可能性があります。しかし、これを利用するためには、営業戦略や戦術を可視化することが大切であり、戦略を立てる上で自社の現状や目指すべき方向性などといった企業情報を共有する必要があります。また、これがスタートすれば顧客情報を共有するため、機密情報の流出や乱用につながるリスクが発生することにも注意しましょう。